徘徊?

車庫に止めてある車の荷物をとりに行こうと歩いていると
道ばたの自転車の前で小さな手荷物を見ていたジイサマが

ジイサマ:『すみません、駅に行く道を教えてくれませんか?』

年の頃なら70歳は越えていそうな感じ
服装もきちんとしていてボケている老人には見えない

ta:『あそこにコインパーキングの看板があるのが見えますか?』

100メートルくらい先に駐車場がある

ジ:『はい、わかります』

ta:『そこを左に曲がるとすぐに二股になっているから、そこを左に。あとは道なりにずっといくと駅方面に行きます。道がくねくねしているからテキトウに訪ねながら行くといいですよ』

ジ:『ありがとうございます、ユックリ歩きながら行ってみます』

と、自転車ではなく歩いて行った

なんだ、自転車で来たんじゃないのかと思いながらアタシは自分の車で荷物を下ろしていると
そのジイサマ、コインパーキングのところで曲がらずにまっすぐに行ってしまった ^^;
いつもなら追いかけていって道が違いますよといいたいところだけど
道に荷物を下ろしてしまっているし
最近は以前からのヒザが痛いので人を100メートルも追いかけるなんてしたくない 
あのジイサマ大丈夫かしら?という気持ちはあるもののそのままにしてしまった ^^;
まあこちらも仕事中だし、すぐ忘れてしまった


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そういえばあのジイサマ駅にたどり着いたかな

ことによったら徘徊老人だったのかしら?
それにしては見なりがきちんとしている
ぜったいに外出用に着替えて出てきている感じ

でも誰かに道を尋ねて最初の曲がり角くらいは間違えないような気もする
だいたい、訪ねた場所から曲がる目印は確認しているわけだし

となるとヤハリあのジイサマは認知症なのかな?

まあよくわからないけど、それほど手こずらずに駅まで行けたかな

というより家に帰れるといいけど・・・ ^^;


人気blogランキングへ ←ココ、ポチッとお願いします
[PR]
by takuanjya | 2007-10-23 22:28
<< 映画鑑賞会 高齢者ふれあい会食会 >>