ひきこもり

今日はフォルクローレの練習日
隔週火曜日の午後7時から8時30分までの1時間半
心身障害者センターの音楽室を借りてサークルのみんなと演奏練習している

前回練習にいったときにそこの職員から相談を受け
実は30代の男性でひきこもりの人がいるんだけどエレキギターが好き
そこで音楽をやっているうちのクラブに見学にいってもいいだろうか?

もちろん断ってもかまわないけどといわれても場所を借りているし
チョット断りにくい ^^;
フォルクローレはどちらかというとアコースティック
電気を通さずにできるだけ自然素材の音が特徴
アンプを通して音を増幅させる楽器とは合わないような気もする

と、音楽的には合わないけど
アタシ達もボランティアではあちこちにいって活動しているサークル
とりあえず来てみればと言うことで
今日はセンターの人と一緒にエレキギターを持って登場
しかし来るときにはやはり職員を手こずらせたようだ

今日は1時間という約束で早めに行ってメンバーが来る前に一緒に演奏

後で職員が話してくれたけど
あんなに楽しそうにしていたのは初めてだったらしい
まあ、これが音楽の力なのかもしれない

この調子で行くと次回もまた来そうな雰囲気
こちらとしても喜んでもらえるのはウレシイけど
自分たちの演奏練習もしなくてはいけないし
チョット、ビミョウな気分でもある

まあいいか・・・
とりあえずしばらくは様子をみるべ ^^;


考えてみるとこの人こうやって外に出てこられるのだから
本当の意味での“ひきこもり”ではないのかもしれない
最近はこういったケースにもバックアップ制度みたいなもがあって
公の機関でも手を貸してくれるのかな
実際にこの男性の場合は区の職員が家まで出かけて連れてきてくれている
それも若いかわいらしい女性
こんな人が話し相手や外に連れ出す手伝いをしてくれるなら

ゼンゼン、いいじゃん~♪ (*^_^*)

アタシもひきこもりになろうかななんてチョット考えてしまったのだ ^^;



人気blogランキングへ ←ココ、ポチッとお願いします
[PR]
by takuanjya | 2007-10-09 23:23 | ボランティア
<< ネギ ふるさと祭り >>